不必要な家電だったプリンタが昇格!

家電量販店で購入したプリンタは、サイズも小さく使いやすいです

先日、5年以上使ったプリンタを買い替えに行きました。我が家は、家電は壊れるまで買い換えない主義なのですが、なぜ買い換えたかというと、年賀状作成がきっかけでした。今年も例年通り、年賀状のデザインをプリンタの会社のホームページからインストールしようと思っていました。すると、何度試してみても、上手くインストールする事ができません。毎年やっている事なのに、どうしてだろう?と思い、プリンタの会社へ電話してみると、今年からサイトのバージョン?が変わったとかで、ひょっとしたらそのせいで、インストールできないのかもしれないです・・・との事でした。

市販の年賀状ソフトを買いに行く事も考えたのですが、考えてみると、今のプリンターとのつきあいも長くなります。プリンタを買い換える事も視野に入れて、大手家電量販店に行きました。そして、プリンタのコーナーをのぞいてみると、種類の豊富さと、値段の安さに驚きました。まず、今のプリンタは1万円台でコピー機能のある物を買う事ができます。そして、我が家にあるプリンタに比べると、デザインもスマートで、ひとまわり小さな物ばかりです。このサイズなら、今までみたいに物置から出し入れしないでも、パソコンの下においておく事ができます。年賀状ソフトを数千円出して買うくらいなら、プリンタを買い換えた方が良いという結論になり、買い換える事にしました。

そして、今手元に新しいプリンタがあるのですが、大変満足しています。プリンタ自体の使いやすさもそうですが、コピー機が家にあるというのはとても便利です。子どもの宿題など、ちょっとした物コピーしたい時、今まではわざわざコンビニへ行かなければならなかったのが、家にいながらにしてコピーする事ができるからです。

Copyright (C)2019不必要な家電だったプリンタが昇格!.All rights reserved.